MENU

眉毛薄いを解消する方法

すっぴんとメイク時の顔が違うと言われた

薄い部分を前髪で一生懸命隠している状態

眉毛が薄い(生えない)せいでおでこが広くなってしまう

アートメイク以外の方法で眉毛を理想の形にしたい

 

といった悩みを抱えていませんか?

 

「眉毛が薄い・細い」は、男性への印象はあまりよくないことがわかっています。「すっぴんの顔が違いすぎて正直幻滅することもある」「まるで別人で正直覚めた」「もう少ししっかりとした顔立ちだったら…」なんて辛口の意見も。

 

実は顔の印象の8割は眉毛が決めているともいわれています。それだけ眉毛は印象を変える大切な部分。自分に合う眉毛を取り入れたいものです。また太い眉毛は薄い眉毛よりも強い運気をもっているとも言われています。

 

>>今一番売れている500円眉毛育毛剤はこちら

 

眉毛が薄い原因

眉毛が薄くなる原因はいくつも挙げられます。

 

間違った方法で眉毛を抜いている

食生活が乱れている

病気(アトピー性皮膚炎、脂漏性皮膚炎)

ホルモンの影響(甲状腺機能低下症)

円形脱毛症

体質(全身的に体毛が薄い)

使用している化粧品、シャンプー、リンス、洗顔料

 

これらが複合的に重なって薄くなっている場合もあります。

 

特に眉毛は男性ホルモンが多くなると濃くなる傾向があるので、男性ホルモンが相対的に少ない女性は眉毛が男性よりも薄くなりがちです。また妊娠・出産を経てホルモンバランスの影響によって眉毛が薄くなってしまうママもいらっしゃいます。

 

眉毛の育毛方法

では薄くなってしまった眉毛を元の状態に戻すにはどうすればよいのでしょうか?自宅で簡単にできる方法から、少しでも早く眉毛を生やすために使える眉毛育毛剤等があります。

 

眉毛を触らない


眉毛を元の状態に戻す方法はいくつかありますが、まず今日からできる対策として「眉毛をむやみに触らない」「抜かない」「剃らない」ようにしましょう。

 

むやみやたらに触るとそれだけで眉毛が抜け落ちてしまいます。まずは今ある眉毛を大切に!

 

食生活に気を配る


次に気をつけたいのが食生活です。眉毛も髪の毛と同じでお酒や脂っこいものは眉毛の育毛を阻害します。CMでも「脂は髪によくないよ〜」なんて上司が部下にイヤミたらしく言っているCMがありましたね^^;

 

実にその通りで脂っこいものは脂質が多く含まれ、その脂質が毛穴の皮脂分泌を多くさせ毛穴を詰まらせてしまい抜け毛の原因となります。

 

糖質・脂質が多いお菓子は控えて野菜やビタミン、毛が生えやすくなるタンパク質を意識した食生活を送りましょう。

 

目の周りの血行をよくする


髪の毛と同様に、眉毛も血行を促進すると生えやすくなります。目のまわりをマッサージして血行を促進してあげましょう。

 

一番簡単な方法は電子レンジでチンしたタオルを目の上にかぶせるホットアイマスクをしてあげることです。

 

薄い眉毛を育毛する美容液を使う


今薄い眉を太くしたいという人のために眉毛育毛剤、眉毛美容液が販売されています。

 

これらの生活習慣に加えて眉毛美容液や眉毛育毛剤を使えば眉毛の成長を促進させることができます。

 

これらは眉毛の根元部分である毛母細胞や毛乳頭細胞に栄養を与え、太く力強い眉毛の成長を促進させます。日々の食生活や習慣で眉毛を元に戻せたら楽ですが、時間がかかるのがデメリットです。

 

眉毛育毛剤は積極的に眉毛の育毛に直接働きかけるのでできるだけ早く眉毛を太くしたい、濃くしたいといった方に向いています。

 

効果がある眉毛美容液ランキング

眉毛美容液や眉毛育毛剤の口コミをみると効果があるものもあればないと評価されているものもあります。

 

効果がない美容液を使っても意味がないのでここでは効果が高いと評価されている眉毛育毛剤・眉毛美容液をご紹介します。

 

マユライズ

マユライズは眉毛やまつげ専門美容液です。

 

育毛剤に有効成分として使用されているアミノ酸で生やし、ヒアルロン酸とコラーゲンを作成する細胞を生産して潤いをもたせ、肌荒れ防止、しわ予防に働き眉毛やまつ毛の成長を促します。

 

実際に使った方から理想の眉毛になってきた!と女性、男性問わず顧客満足度94.1%を得ている今爆発的に売れている眉毛専用美容液です。

 

様々なメディア雑誌でも取り上げられ、SNSや芸能人の方が使っている眉毛美容液としても有名です。

 

眉ライズで作れる眉:太眉、ストレート太眉、ハーフ太眉、ハナレ太眉

 

眉毛が生えていない場所もケア

今ある眉毛をさらにしっかりとケア

加水分解卵殻膜が配合されている

1回あたり78円でケアができる

男性でも使える

 

合成香料、着色料、アルコール、鉱物油は不使用なので敏感肌の方でも安心して使えます。

 

楽天やAmazonでは販売されていないため公式サイトからの購入となります。公式サイトでは先着300名限定でモニタートクトクコースに申し込むと初回980円(クレジットカード払いの場合500円)でマユライズを購入できます。

 

120日間の返金保証制度がついているので自分の理想の眉が手に入らなかった場合は返金してもらうことができます。

 

マユライズの公式サイトはこちら⇒http://lit-p.com/

 

ルチア

株式会社ルチアから販売されている医薬部外品の「眉毛育毛剤」です。

 

1ヶ月で眉毛やまつげが濃くなると人気が高く、液体を指でとって直接気になる部位に塗布するタイプです。

 

薬用・育毛ミニエッセンスとして100万本突破

ホルモン剤は一切不使用

朝・晩の1日2回のケア

 

ルチアの公式サイトで購入すると最大5000円分のクーポンがついてきます。

 

 

眉毛が生える生活習慣とは

理想の眉毛を手に入れたい場合、眉毛をカットして整える前に眉がしっかりと生えている必要があります。眉毛の成長には個人差があり男性ホルモンの量が多い人ほど濃くなる傾向があります

 

また眉毛は2ヶ月〜3ヶ月の周期で生え変わるので、眉毛の伸びが早い人もいれば遅い人もいらっしゃいます。

 

眉毛が生えるスピードが遅い人も早い人も、眉毛を綺麗に濃くするためには日々の生活習慣、体質改善が重要です。

 

毛穴は綺麗にする

眉毛も髪の毛と同じと考えてもらうとわかりやすいです。

 

まず毛穴に皮脂や余分な老廃物が溜まっていると毛の成長を妨げてしまうので普段のメイクはしっかりとOFFするようにしてください。

 

バランスがとれた食生活

食事内容が偏っていると必要な栄養素が運ばれず髪の毛が成長しにくくなります。

 

ビタミンB2やタンパク質、鉄分などを不足なく補うと髪の毛と同様に眉毛の成長も促されるので意識した食生活をおくってください。

 

マッサージ

眉の周りのマッサージをすると血行が促進され、眉毛が生えやすい環境が整います。

 

眉毛育毛剤を使ったあとは眉は目の周りのリンパマッサージを心かげて指で撫でるようにマッサージを行ってみてください。

 

 

その他、眉毛を濃くする方法にココナッツオイル、アロエ、牛乳などを使う方法も挙げられます。これらをコットンに染みこませ、眉に塗り続けると徐々に眉毛が生えてくる…といったもの。

 

ですが、毎日牛乳を眉毛になったら匂いが…アロエを毎日買ってくるのって大変ですよね。。そんな時に眉毛の成長を促進させ眉毛の再生に一役かってくれるのが眉毛育毛剤です。

 

眉毛の成長は髪の毛よりも遅く、なかなか効果を実感するまでに時間がかかりますが毎日眉毛育毛剤を使い継続することで眉の成長を促すことができます。眉毛育毛剤でアイブロウやブラシ、パウダーを使って眉毛をケアする日を近くさせましょう。

 

これらの生活習慣と合わせて眉毛育毛剤を実践する方法が一番理想の眉を手に入れるてっとり早い方法と言えるかもしれません。

 

眉毛が生えてこない原因は「抜きすぎ」によるものです。過去に眉毛を理想の形にしようと生えては抜いて…を繰り返していた人ほど眉毛が薄く、生えてこない傾向にあります。

 

眉毛育毛剤を使って眉毛を生やしている間は抜くのを辞めましょう。そして2ヶ月は眉毛が生えてくるまでじっくりと待ち毎日使うようにしてくださいね。

 

眉毛の薄さと男性ホルモンの関係

男性ホルモンと女性ホルモンのそれぞれの働きをみると

 

女性ホルモン

女性らしさを高めるもので、肌や髪の毛のツヤ、潤いに関係

 

男性ホルモン

男性らしさを高め、体毛の発育を促進します。

 

どちらがより眉毛を濃くするために関係してくるのかと言えば、当然男性ホルモンです。男性の場合、男性ホルモンの影響で眉が濃くなり、薄くするために梳いたり脱色したりて薄くさせる人も多くいらっしゃいます。

 

一方女性は仕事や家事、育児などでとても忙しく、その結果ストレスやホルモンバランスの乱れなどにより眉毛が薄くなっている人が多いです。
女性にとっては薄い眉よりも太い眉が欲しいのに、現代の生活事情に合わせて生活していると大切な眉を失いかけていると言えるんですね。
女性の場合眉毛の発育は女性ホルモンが鍵と言われています。女性が眉毛を生やしたい場合は女性ホルモンのバランスを整える必要があります。

 

ストレスを解消する、食べ物や生活習慣でホルモンバランスを正して女性ホルモンバランスをただしてくださいね。

 

眉のアートメイクはいけないの?

理想の眉を手に入れるためにいっそのこと眉のアートメイクを受けようかと悩むこともありますよね。一度書いてしまえば毎日描く必要はないし、プールに行っても眉が落ちることもありません。

 

ですが、眉のアートメイクは以外にもトラブルが多いのが現状です。アートメイクで起こり得るトラブルとして皮膚障害、切り傷、やけど等が挙げられます。

 

特にトラブルで半数を占めているのが「皮膚障害」でアートメイクを受けた場所が化膿してしまった、痛みや腫れが続くといった問題が起こりやすいです。その他にも自分の理想ではない眉になってしまった、左右でばらつきがあるなどデザインでトラブルが出たり、中には目に障害を負ってしまった人も。。

 

アートメイクといっても皮膚に針を刺して色素を入れる行為なので刺青と同じ行為です。簡単な気持ちでは受けないほうが良いでしょう。そのため現在眉毛を理想の形にするためには眉毛育毛剤が推奨されています。

 

>>今一番売れている500円眉毛育毛剤はこちら

 

眉毛の悩み

眉毛の悩みは人それぞれ。周りの人はどんな眉毛の悩みを抱えているのでしょうか?

 

悩み1:幼い頃から眉毛が薄く少なく昔から気にしていました。眉毛が薄いとどうしても人相が悪く見えてしまうし、薄い顔つきになるので辛いです。

 

悩み2:眉毛の形が悩みです。八の字眉毛で目と眉毛が離れてて伸びるのが遅いので失敗すると何ヶ月もその形です。

 

悩み3:私は生まれつき眉毛が薄いのが悩みなのですが、高校生ともなると周りの子は形を整えている子が増えてきました。私も眉毛の形は気になるので、整えてみたいのですが、元々薄い私が整えると、ますます薄く見えてしまうのでしょうか?

 

悩み4:眉毛が濃くて太いのが悩みです。細くするために眉毛を剃ったんですが、すぐに生えてきます。このままずっと剃り続けなければいけないのでしょうか…。

 

眉毛の悩みを見てみるといろんなタイプがありますね。眉毛が生まれつき薄く、生やしたいのになかなか生えない。人相も悪くなるからコンプレックスとなってしまい悩んでいるという人もいれば逆に眉毛が濃すぎて処理をしてもすぐに生えてきて処理が大変!といった方もいます。

 

体質やホルモンバランスによって体毛の濃さは異なるので悩みは人それぞれですが、眉毛が薄い場合は眉毛育毛剤を使いながら食生活を正していき地道に生やしていく方法が推奨されています。